Author Archive

ETC車載器設置はプロに任せるのが○

宇宙03高速道路を頻繁に利用される方の場合では、ETC車載機を設置することによって、快適に自動車を走行させることができます。以前は高速道路を利用する場面では、料金所でチケットなどを受け取ったり、料金を現金で支払うことが必要とされていましたが、ETC車載機の登場によってカードでの支払いが可能となったことによって、面倒な作業を省くことができるようになりました。そんな中、販売されているETC車載機に関しては、カー用品店などでも入手することができますが、取付に関しては特にアンテナ分離型のタイプの場合では、プロに任せることによって、安心して利用を継続することができます。取り付けに関してはあまり高度な技術は必要としない一面を持っているものですが、電源コードの処理方法に関しては一定の知識が必要とされています。まずは、電源を確保するための方法を選択することになり、その際には常にコードの処理方法を考える必要があります。プロに任せた場合では、余計なコードが目に付かないように綺麗に処理されることが一般的になるために、スタイリッシュに仕上げることも可能とされています。特に自動車の場合では、高温になってしまう箇所が存在しているために、コードの処理に関しては知識と実績が大切にされています。

スタイリッシュで盗聴されにくいのはアンテナ分離型

宇宙02現在では高速道路を走行させる際に、ETCのシステムを用いる場面が見られます。ETCは車載器として販売されており、専用のカードを入れることによって、自動で高速道路の料金所を通過することが可能とされているために、一時停止を行って料金を支払う手間が無くなることもあって、現在では高い人気を誇っているパーツとしても利用されています。そんな中、ETC車載機には大きく分類すると2種類のものが用意されていて、1つはアンテナ一体型のものになります。このタイプではダッシュボードなどにそのまま設置することになり、勿論、アンテナも同じ場所に取り付けることになります。もう1つにはアンテナ分離型として発表されているものがあります。このタイプではアンテナを他の場所に設置して、本体を見えない部分に取り付けることが可能とされていることによって、見栄えを良好に保つことができます。このタイプでは取り付けに関してはコードの処理方法などに手間がかかる一面を持っているのですが、完成度が高いこともメリットとして挙げることもでき、同時に盗聴されにくい性質を持っていることによって、人気のアイテムとして取り扱われていることになり、専門ショップの他、ディーラーなどでも取り付けすることができます。

アンテナ分離型ETC車載器は見た目もスマート

宇宙01高速道路を走行する際に、ETCがあると大変便利です。料金所でいちいち停車する必要がなく、そのまま進んでいくことができるからです。また料金の面でも、土曜日曜祝日には、3割安で利用することができます。以前はもっと値引き幅が大きかったのですが、それでもETCを付けていないクルマと比べれば大変お得と言えます。そのため高速道路を利用する機会が多い方にはETCは必需品ですし、それほど多くない人でも、ETCを取りつけて損をすることはないでしょう。数回高速道路を利用すれば、機械代が多少かかったとしても、すぐに元を取ることができるでしょう。

ところで、ETCを利用するためには、ETC専用のクレジットカードを用意し、車載器をクルマに取り付け、その中にクレジットカードをセッティングする必要があります。このETC機器には、アンテナ分離型と一体型があります。おすすめなのは一体型です。分離型はアンテナと機器と二つのセッティングを行なわなければなりませんが、一体型はアンテナと機器が一つになっているために、グローブボックス内などに簡単に収納させることができるのです。コスト面においても、どちらも同じくらいですので、便利な一体型がおすすめとなるのです。

ETC車載器はダッシュボードに取り付ける!!

ふきのとう通勤で頻繁に高速道路を使用する人や、料金所でもたつきたくないと考えている人はETC車載器がとても役に立ちます。ETC車載器により高速料金を支払うことで、通勤で使う場合には高速料金の割引が適用されたり、高速道路の料金の支払いが料金所を通過するだけカードで支払われるためスムーズに行われたりします。そのため、現在多くの車にETCが設置されており、普及しています。ETC車載器はアンテナ一体型とアンテナ分離型の2種類があります。特に一体型は取り付けもダッシュボードに張り付けるだけと簡単です。常に目に付く場所に車載器がおいてあるのでカードの抜き忘れが気付きやすいことが特徴です。カードを抜き忘れることにより車上荒らしに遭遇した場合にクレジットカードを盗まれるのと等しいリスクが生じます。そのため抜き忘れを気づきやすいということは機種選定において重要な項目です。しかし、フロントの目立つ所にあるため視界を妨げてしまうというデメリットもあります。最近では車載器もコンパクトになりましたが、視界を妨げることには変わりありません。このように、一体型にも長所と短所があります。自分の使用用途や使用頻度に応じて、自分の 使いやすい一台を選ぶことが重要です。

アンテナ一体型ETCはコストパフォーマンスが抜群!!

ひまわり近年、通行料金の割引を受けることができる為、ETC車載器を購入する人が増えてきています。ここでは、ETC車載器の購入を検討している方に、検討材料となりうるお話をします。
ETC車載器の種類は大きく分けて2種類あり、ひとつはETCカード読み取り部とアンテナが分離している、アンテナ分離型です。もうひとつは、ETCカード読み取り部とアンテナが一体となった、アンテナ一体型です。アンテナが分離しているのと一体なのでは、何が違うの?と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、ETC車載器のアンテナは、料金所と交信する為に、フロントガラス付近に設置する必要があります。分離型はアンテナをフロントガラス付近に設置し、ETCカード読み取り部はユーザーの好きな場所に設置できますが、一体型は、ダッシュボード上などに設置する必要があります。
ここまでですと、アンテナ分離型の方にメリットがありそうですが、アンテナ一体型には、最大の武器といえるものがあります。それは、分離型よりも安価で購入できることです。機種によって金額差はありますが、分離型の6割7割程度の価格で購入できます。安価であっても、分離型と同等の機能は有していますので、コストパフォーマンスに優れているといえます。

アンテナ一体型ETCで防犯性をUP

アイランド05高速道路や有料道路の料金を、走行しながら自動で精算してくれるETCはたいへん便利なものですが、これを利用するためには、自動車の車内に車載器を設置することが必要となります。
この機器は、料金所ゲートと無線でやり取りするためのアンテナと本体からなっており、アンテナ分離型とアンテナ一体型という2つの種類があります。
アンテナ分離型というのは、小さなアンテナをフロントガラスの端などに、本体を運転席の下などに据え付けて用いるもので、配線が枝分かれしますが、小さな自動車であれば車内の邪魔にならないため重宝されています。
いっぽう、アンテナ一体型というのは、本体のなかにアンテナが組み込まれているもので、通常は自動車の車内のダッシュボードの上に本体を据え付けて用います。
据え付けの方法は簡単で、すっきりとしており、車外に出る際にはETCカードを本体から抜き取るのを習慣づけている人にとっては、フロントガラスごしに外部からもETCカードがあるかどうかがわかりますので、うっかり取り忘れることがなくなり、防犯性がアップします。
ただし、車外に出るときもETCカードをそのままにしておくという人にとっては、カードの所在が外部からわからないアンテナ分離型のほうが、逆に望ましい可能性もありますので、スタイルにあわせて選ぶことが大切です。

役立ち度アップ!!便利なサーピス

アイランド04高速道路は、走行は快適でも、出口で混雑することが少なくありません。
高速道路に限らず、車は、全員が一定の速度で相応しているときは混雑しませんが、銭湯方面で原則をすると、その波が徐々に後方に伝わって、混雑や渋滞につながります。
ETCの普及で、出口の混雑は相当に改善されたものの、事故防止のために出口では時速20キロまでの減速が義務付けられているほか、出口の先での進路変更や合流で、走行中に比べると混雑は避けられません。
時には,ETCレーンが混雑しているのに、一般車用の、有人サービスはスムーズに走行している場合もあります。
有人の一般車両向けレーンでも、ETCを読み取る装置がついているので、高速道路に乗りこむときに挿入されていたカードを係員に手渡すことで清算が可能です。
せっかく装置を備えているのに、装備がない人がどんどん先に行くのを横目で眺めている必要はないので、すいているレーンを選んで進むのがおすすめです。
窓口の係員からは、領収書が受け取れますが、支払いはカードに履歴も残るので、プライベートの利用でなく、業務で走行しているときも安心です。
出口直前でのレーン変更は危険なので、早目にすいているレーンを見つけましょう。

有料道路の料金が安くなる

アイランド03今や多くの自動車に普及したETCの料金自動収受システムですが、震災以降の大幅な割引が廃止、縮小されたものの、現在でもまだ多くの割引が存続しており、高速道路や一部の有料道路を使用する際には必需品と言えます。1年ほど前までは休日や深夜が半額までという大きな割引でしたが、現在ではどの割引でも最大で30%となっています。しかしたかだか30%とは言っても非常に大きな割引ですので、長距離の旅行などにおいては往復でそれなりに大きな節約になりますし、高速道路等をお得に通行するためには、やはりETCの設置は必須だと言えます。現在も続いている主な割引には、深夜割引と休日割引があります。深夜割引は、0時~4時の間にどこかで高速道路上に自動車があった場合に適用されます。例えば夜の22時に高速道路の入り口に入って23時50分に出てしまうと適用されませんが、0時を過ぎてから出た場合には適用されます。また、サービスエリアなどで夜間に仮眠をとって、全ての時間を跨いだ場合にも適用されますので、長距離の自動車での旅行などでは休憩も加味して活用すると効果的です。休日割引は都心部以外の地方で全般に適用されるもので、時間帯に関係なく適用されます。こうしたお得な割引を有効に活用していきたいものです。

ETCは必需品

アイランド02高速道路や有料の自動車専用道路を利用する場合、料金所を通過する時にその都度車を止めて通行券を取ったり、係員にお金を渡すのは非常に面倒だと思う人は少なくないのではないでしょうか。
そんな人はぜひETCを搭載したほうが良いと思われます。
ETCとはノンストップ自動料金支払いシステムとも呼ばれるもので、自分の車にETC車載器を取り付け、更にETCカードを差し込んでおけば、料金所では20kmぐらいまで減速する必要はありますが、停止することなくバーが上がりますので、ETCレーンは待ち時間が少なくスムーズに通行出来ます。
その他のメリットとしては様々な割引制度が適用されるので、お得に有料道路を利用することが出来ます。
またETCカードは普段利用しているクレジットカード会社等で無料で発行している場合もありますし、ETCを使うことでポイントが貯まるのでお得になります。
ETCの車載器はカー用品店等で数千円から購入できますし、最初に取り付け工事や登録が必要になり多少お金がかかりますが、割引分やポイント分ですぐに元を取れてしまうでしょう。
このように車でも非常に便利なETCですが、さらに便利なのがバイクの場合です。
バイクの場合だと通行券を受け取る場合には完全に停止して、通行券を落とさない場所にしまわないといけないし、料金を払う場合にも財布を出してお金を払い、それをまたしまうという非常に面倒くさい動作が多く、車以上に時間がかかってしまうので、待っている人に多大なストレスを与えてしまうことになってしまいます。
バイク専用のETCも販売されていますので、よく有料道路を利用する人は是非搭載したほうが良いと思われます。