役立ち度アップ!!便利なサーピス

アイランド04高速道路は、走行は快適でも、出口で混雑することが少なくありません。
高速道路に限らず、車は、全員が一定の速度で相応しているときは混雑しませんが、銭湯方面で原則をすると、その波が徐々に後方に伝わって、混雑や渋滞につながります。
ETCの普及で、出口の混雑は相当に改善されたものの、事故防止のために出口では時速20キロまでの減速が義務付けられているほか、出口の先での進路変更や合流で、走行中に比べると混雑は避けられません。
時には,ETCレーンが混雑しているのに、一般車用の、有人サービスはスムーズに走行している場合もあります。
有人の一般車両向けレーンでも、ETCを読み取る装置がついているので、高速道路に乗りこむときに挿入されていたカードを係員に手渡すことで清算が可能です。
せっかく装置を備えているのに、装備がない人がどんどん先に行くのを横目で眺めている必要はないので、すいているレーンを選んで進むのがおすすめです。
窓口の係員からは、領収書が受け取れますが、支払いはカードに履歴も残るので、プライベートの利用でなく、業務で走行しているときも安心です。
出口直前でのレーン変更は危険なので、早目にすいているレーンを見つけましょう。

Comments are closed.