有料道路の料金が安くなる

アイランド03今や多くの自動車に普及したETCの料金自動収受システムですが、震災以降の大幅な割引が廃止、縮小されたものの、現在でもまだ多くの割引が存続しており、高速道路や一部の有料道路を使用する際には必需品と言えます。1年ほど前までは休日や深夜が半額までという大きな割引でしたが、現在ではどの割引でも最大で30%となっています。しかしたかだか30%とは言っても非常に大きな割引ですので、長距離の旅行などにおいては往復でそれなりに大きな節約になりますし、高速道路等をお得に通行するためには、やはりETCの設置は必須だと言えます。現在も続いている主な割引には、深夜割引と休日割引があります。深夜割引は、0時~4時の間にどこかで高速道路上に自動車があった場合に適用されます。例えば夜の22時に高速道路の入り口に入って23時50分に出てしまうと適用されませんが、0時を過ぎてから出た場合には適用されます。また、サービスエリアなどで夜間に仮眠をとって、全ての時間を跨いだ場合にも適用されますので、長距離の自動車での旅行などでは休憩も加味して活用すると効果的です。休日割引は都心部以外の地方で全般に適用されるもので、時間帯に関係なく適用されます。こうしたお得な割引を有効に活用していきたいものです。

Comments are closed.